仕事の合間でもできるおすすめの短時間リフレッシュ法!

短時間でできるおすすめリフレッシュ法!

短時間でできるおすすめリフレッシュ法!

忙しい仕事の合間を見つけて、少し自分をメンテナンスしてみませんか?短時間でできるおすすめのリフレッシュ法を紹介します。仕事の合間で、日頃の疲れを癒してみてください。どの方法も簡単で短い時間で可能なものばかりですから、ちょっとした気分転換として取り入れてみましょう。基本的には、自分のデスクにいてできるのが特徴です。もちろん移動時間の合間など、リフレッシュしたい時にも良いでしょう。リフレッシュ法の内容は、「昼寝」「栄養補給」「ツボ押し」「足のストレッチ」です。ぜひ、参考にしてみてください。

  • 昼食と同じくらい欠かせない昼寝

    昼寝をすることで、作業効率のアップが期待できます。午後からも効率的に働けるように、休憩時間にリフレッシュすることが大切です。約20分で脳や身体の疲れが取れるので、昼寝は有効な手段です。また、昼食後にそのまま昼寝をする「パワーナップ」法は、今アメリカの企業で人気となっています。自然な眠気に合わせるため、カフェインの摂取時間も調整しながら行います。昼寝でリラックスして目覚めた後は、太陽を浴びながらストレッチをして終了です。その効果や影響は世界的に注目され、質の良い昼寝は重要であることが分かります。

  • 栄養を補給して疲労を回復

    身体の健康のためには、適宜栄養補給が必要です。不足しがちな栄養を摂取することで、精神的に安定します。またリラックスする時間に飲むコーヒーも、脳をリフレッシュさせ仕事の効率をアップさせます。カフェインは気持ちの切り替えにも一役かっています。コーヒーは、質の高い休憩時間をつくるために有効です。砂糖やミルクを入れると、さらに脳の疲労を回復してくれます。香りだけでも、緊張をほぐす効果やリフレッシュ効果も期待できます。また、適度なおやつで脳を活性化させることも、おすすめの方法です。

  • 仕事中でも簡単にできるツボ押し

    簡単なリフレッシュの方法として、手のツボ押しを紹介します。デスクワークでは、眼精疲労や肩こりが原因で不調をきたしてしまうことがあります。運動が苦手な人でもできるリフレッシュ法です。ツボ押しは、1週間程度続けると効果が出ます。身体の血行が良くなってくるのです。疲れや緊張を緩和させるツボ押しは、隙間時間にもおすすめです。仕事中に疲労を感じた時に押すツボ、リラックスしたい時に押すツボなどをまとめてみました。意識的にツボを押すことで、基礎代謝もアップするので続けていくことが大切です。

  • 座りながらこっそりストレッチ

    座りながらできる簡単なストレッチは、短時間でリフレッシュできる効果があります。習慣化すれば、仕事の効率もアップするでしょう。肩こり解消には、肩のツボをマッサージすると周辺の老廃物が流れ、こりが緩和されます。ペンを引っ張るストレッチも、肩甲骨の痛みを緩和するのに効果的です。また、眼精疲労には血行を良くするために、蒸しタオルを利用しましょう。さらに、デスクワークは足に老廃物が溜まるので、むくみ対策も必要です。紹介したストレッチを、休憩時間にこっそり実践してみましょう。

激務なあなたにおすすめの記事!

pagetop